CS-PCM DENON DTU-S10

20200406_200735.jpg
20200406_200805.jpg
20200406_200911.jpg
20200406_200823.jpg
20200406_201207.jpg
20200406_201804.jpg
20200406_201508.jpg
20200406_201532.jpg
20200406_201436.jpg
20200406_200939.jpg

何年か前にタダ同然で手に入れたCS-PCM放送受信用のチューナー。
DENON、当時はデンオンでしたが現在はデノン。
1992年に放送が始まってテレビのアナログ放送が終了と同時期にこちらも終了しました。
ですので、この機器は今では使い道はありません。
が、改造によってD/Aコンバーターとして使うことは可能です。自己責任で。
とはいえ、30年前くらいまではオーディオヒット時期。
各社から高級機が発売されていました。この機種もその機種の一つ。
DENON DTU-S10
現在はモデルナンバーも変化していますが当時は「S10」シリーズが高級機の一つでした。
もっと高級機は「S1」シリーズがありましたが。
チューナーなのにズシリと重たい12キロ。
足は鋳物製でどっしり。シャーシは銅メッキシャーシ、さらにボトムシャーシ。
キャビネットは2重。こちらも重たい。
開腹、現在ではありえない造り。
デジタルとアナログで2個のトランス。
電源基盤とアナログ基盤は1枚。チューナー部とデジタル基盤で1枚。フロント後ろに表示基盤。
当時のCDプレーヤーのS10には及ばない構成ですがチューナーとしては豪華です。
当時は、自分の意見をあーでもないこーでもないと同じ趣味の知人と意見しあったものです。

オーディオは良い音で聞くことも重要ですが、持つ喜び、見る喜びも大切です。

マニアという言葉は私は嫌いではありません。趣味を持つこと、大切だと思います。

おしまい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント